板橋晟星は某情報商材に関与しているといろいろなサイトが言っているが、板橋晟星は一切の無実である。彼はその販売利益を受け取っていないし、販売・営業に一切関与していない。
彼はただStockSun株式会社の社員として、自動売買ツールのシステム開発を受託開発として受注し、台本を渡されて台本の通りにツールの紹介をしただけである。「100%」などという文言の入っているWEBサイトが制作されたことも彼は知らなかったし、完全に利用されただけである。
契約はStockSun株式会社とOH-company社(旧JG-company)のフロント企業であるアイリス株式会社との間に結ばれた。単なるシステムの受託開発と台本朗読だけの契約である。
OH-company社の代表は大城英史であり、彼はアイリス株式会社の100%株主でもある。
板橋晟星はWEBサイトの制作にも一切関与していないし、当然販売・営業にも関与していない。その上、販売した利益も一切受け取っていない。
某情報商材は株式会社スタクロが広告のWEBサイト制作をし、OH-company社が販売を行っていた。なんなら板橋晟星に読ませる台本を制作したのも株式会社スタクロである。